フラット

Membership FLAT PEOPLEACCESSFacebook

ハッピーFFF

えっと。。
明日はFFF。
ちょっと嬉しいハッピーな日にしたい。

って、たまに集まってみんなの幸せを祝ったりするんだけど。
その度に私はワクワクするんだけど。
そんで何か企んだりするんだけど。
今回もちょっとね。

その度に何となくこのブログを振り返ったりしてみる。
あー、みんな歳を重ねたなーって。
あのねー。
ブログってすごいよね。
どこに居ても『フラット 福井』で検索したら知ってる顔が出てくる。
だから、ブログって書くの面倒だからほったらかしにしてたりするけど書いてみたよ。

ってことで、明日は1つ、2つ、3つとハッピーな日になりますんで。
FLATが好きな人お楽しみに。


takagi megumi




レンタルスペースの料金の御変更

レンタルスペースをご利用頂いている皆様へ
 
2014/8/22より
土日祝日の料金が5,000円(一日)に
変更になりました。
 
これからもご利用の程
宜しくお願い致します。

 
FLAT STAFF


 

FLAT SCHOOLING Vol.9



FLAT SCHOOLING Vol.

GUEST 松岡由希子


 久しぶりにスクーリングを企画します。

 今回のゲストスピーカーは、松岡由希子さんです。もちろん、以前から知っていた訳でなく、

私たちの活動に賛同し講師をご承諾いただいたものです。うれしいですね!

 松岡さんを知るきっかけは偶然でした。私が、仕事でサステナブルデザインについて詳しい

女性のデザイナーを探していたときのことです。まず調べたのが「サステナブルデザイン国際

会議」のWeb Site で、パネラーとして参加されている女性を調査しました。そうしたところ、

見つけたのがgreenzという会社の鈴木菜央さんという方。私は、すっかり女性だと思って、

鈴木さんについて調べてみることに。そして、とても早いうちに濃い顔だちの男性である事が

わかりました。そんなことからgreenzが運営しているサイト「greenz.jphttp://greenz.jp/ )」

を知ることとなりました。 

さて、このgreenzというグリーンビジネスを紹介するサイト!質が高く非常に面白いのです。

そして、その中でもひときわ興味深い記事を書かれていたのが、松岡由希子さんでした。それ

で、松岡さんについて、WEBで調べてみると・・・ツイッター上では非常にフレンドリーだし

地元の話があったり普通な感じ、あれ?普通の人?どうやってあんなに面白い海外の情報を入

手されているのだろうかと考えてしまう。しかし、プロフィールはすばらしい。なるほどこう

いうのを無名の一流というのだな・・と感心しつつ。FLAT病の「一度会いたい!お呼びした

い!つながりたい!」に気持ちが発展して行くのでした。私たちの要望に快くご了解いただき、

晴れてスクーリングを開催することとなりました。

 松岡さんの事、世界で行われているグリーンビジネス、それから、これからヘルシンキに行

かれるとのことで、その話もいち早く聞かせてくれるそうです。それに今回から、定員を減ら

しました。一人一人とみっちりコミュニケーションをとりたいからです。ゲストもそうですが、

参加された皆さんと繋がってほしいからです。さてさてどんな方でしょうね。。ぜひ、ご期待

下さい!!



日 時:2011年10月29日(土)18:00〜20:00


場 所:FLAT 2階(福井市順化2−16−14)


定 員:20名


参加費:2000円


内 容:世界の情報をキャッチするフリーライターの松岡さんの仕事術と、

    海外のグリーンビジネス、ソーシャルベンチャー、サステナブル

    コミュニティなどの動向を紹介し、参加者とともに、理想とすべき

    私たちの未来像について語り合います。



<お申し込み・お問い合せ>

参加申し込みは、FLATホームページのお問い合せフォームから

お願いします。タイトルに「SCHOOLING 参加希望」とご明記下さい。

こちら・・・ http://www.flat-fukui.tv/contact.php

メールでのお申し込みも可能です。

メール・・・ info@flat-fukui.tv



《プロフィール》

松岡由希子(Yukiko Matsuoka)。大阪生まれ、奈良育ち。米国MBA(経営学修士号)取得。

アントレプレナーシップ(起業家精神)を専攻。経営コンサルティング、ベンチャー企業の

立ち上げなど、刹那的なビジネスの世界にどっぷり漬かること約10年。持続可能な未来づく

りにたずさわりたいと、一念発起し、独立する。現在、グリーンビジネス、ソーシャルアン

トレプレナーシップなどのテーマを中心に「物書き」として活動中。

Twitterアカウント: @boochan <http://twitter.com/#!/boochan>



FLAT FOOD SCHOOLING VOL.02

 


【定員に達しましたので申し込み受付を閉め切りましたありがとうございます】


なんと第2回目のFOOD SCHOOLINGは、南風食堂さんです。

FLAT KITCHEN のカウンターで行われるライブ感覚の料理教室です。

今回は、どんなお料理を紹介してくれるでしょうか?

定員は、なんと10名です!

少人数でアットホームなイベントを一緒に楽しみましょう!


ゲスト:南風食堂


日時:平成23年7月31日(日)午後14時〜16時


場所:FLAT KITCHEN (福井市順化2丁目16−14 FLATビル1階)


参加料:6,000円


定員:10名



1周年を迎えたFLAT KITCHENを舞台に、第2回目となるFOOD SCHOOLING

開催します。今回のゲストは、料理ユニット南風食堂(小岩里佳さんと三原寛子さん)

のお二人です。南風食堂に出会ったのは、2006年、金津創作の森で開催された

graf展 ワーキング ワークショップでのこと。藤田も参加した後藤繁雄氏の

ワークショップのとき晩ごはんを作っていただいたのが、たぶん南風食堂さん

だったと記憶しています。その時は、男ひとりですから、当然話しかけること

もしませんでしたが、その後も雑誌等、メディアに度々掲載される南風食堂

さんにチェックを入れながら、ああ、どんどん有名になっていく・・と

手の届かない存在になりつつあることを実感していたわけです。

が、何を思ったか!この度、だめもとでコンタクトをとらせていただいたところ

快諾のご連絡をいただきました!なんて素敵な方々でしょう。

というわけで、福井の名物食材や夏野菜を使った料理教室を開催します!


***************



予約はflatのWEBサイトのお問い合わせフォームからお願いします。

*お問い合わせ:FLAT事務局
メール:info@flat-fukui.tv



<プロフィール>

小岩里佳と三原寛子による料理ユニット。味はもちろんのこと、

食感、色、音、空間を含めたよりよい「食」の場のプロデュースを目指す。

食に関する企画提案や編集物の制作、雑誌やWEBでの料理紹介などもおこなう。

各種パーティでのフード提供もなかなか好評。。。

三原寛子は、2009年から編集者の後藤繁雄氏が主宰する教室SUPER SCHOOLにて

「料理と編集」の講師を務める。著書は、「スープの本」(主婦と生活社刊)

 「南風食堂のおはこ料理」(双葉社)「シネマ・スイーツ」(ぴあ刊)等多数。



flat 3人で行って来た九州の報告05と心灯!

北九州の話しは、終わったのですが、報告は続くのです。。。
北九州で、FOLGOREの原田さんに案内され、雑貨屋さん、カフェ、骨董屋さん
を訪問した。そして、FOLGOREも訪問した。
FOLGOREは、門司港の中でも倉庫地帯の静かなエリアに
ひっそりとある。オリジナル家具の展示と黒田征太郎さんのギャラリー兼アトリエ
になっている。
私は、二回目だからね!ってな具合だけど、行ってみたら以前には無かった
金属造形作家さんの作品が飾られていました。
なっかなかのインパクトと技術の作品。だけど、FOLGOREのスタジオに
しっくりと合っている。金属造形作家の今尾さんは、キッチン用品も作っている
かたちはユニークだけど、キッチンツールとしての完成度は抜群でした。

そうこうしているうちに
帰る時間に。。。。そんなタイミングでトミタさんから電話。
まだ、FOLGOREにいるって行ったら、今から中村達也さんと向かうとのこと!
もう、福井に帰るはずの午後1時から2時間が過ぎていました。

到着した中村さん一行。ちょっと緊張する私。
トミタさん、原田さんに早く福井に来てって言いにいかなきゃって促され。。。
帰る間際に挨拶をする。。お渡しした地酒をありがとうって言ってくれ
福井に来て欲しいって話しをしてみる。

最後、「福井に呼んでちょんまげ」って言ってくれましたが。
まだまだ、僕らの方にお呼びする条件が揃っていないことはわかっている
中村さん、気を使っていただきありがたかったです。
(あきらめてはおりません)

そんな、九州の旅
〆としてはとっても気持ちいい感じで九州を出発することができました。
そこから、700kmだったかな。福井めがけて高速道路を突っ走るのでした。
帰ったのは、夜の11時頃。結構早かったです。
そこから3人解散し〜の。出水さんは、次の日の心灯の準備し〜ので世が明けていくのでした。


さて、次の日になりビルに行ってみると、もうみんな準備中。
早いな〜〜と思いつつ。心灯が始まったのでした。




寝ながらバンズを焼く出水さん。
そんなわけないのですが、今年はFLAT KITCHENでの参加。
パンの伝道師、稲垣智子さんとともにこだわりのコロッケバーガーをメインに
フレンチトーストとドリンクを準備したのでした。

去年もきてくれた高木めぐみさん、今年もお手伝いに来てくれて。
お客さんの入りは、大盛況だったようです。




お店の前には、ちょっとしたテント。
やはり座るところがあると人が集います。
心灯は、お天気を夕方までもち、気持ちよく終えることができました。

ひやぁ〜〜〜。
やっとここまで書けました。4日間の出来事でした。

flat 3人で行って来た九州の報告04

小倉でのすがすがしい朝!! 
僕たちは、原田さんと門司港に向かった。
小倉のドヤ街は、朝も夜も無く
朝からおっちゃんたちが、お酒を嗜んでおられます。

そういえば、前日の打ち上げには、ストリップ劇場
A級小倉のダンサーさんも参加されてましたね。若林美保さんか。




レンタカーのカローラで出発。
門司港に到着したら、Kuビルに!
いくはずでしたが、道草と申しますか
門司港には、昭和レトロな雑居ビルが多数ございまして
そのビルをうまく改装して雑貨屋さんが集まっているので
そちらを覗くこととなりました。

僕は、学生の時からなんとなく知っている門司港。
二人には初めての門司港。
やはり、内田さん、出水さんが感動してると嬉しいもんです。




そして、レトロな門司港駅を通って、前の広場に。。
その隣にあるのが、旧JR貨物のビル。その3階だったっけ
そこには、黒田征太郎さんのアトリエがあるのでした。

鍵を開けて、僕らを待っててくれた三宅さんありがとう〜。




入り口には、Kuの案内サイン。




そして、内部です。ど〜〜ん!






出水さんもど〜〜ん。




黒田さんのアトリエには、ビビるくらいの作品の数。
ほとんど飾られていなくて、たて重ねられて置かれてました。
それもほとんど大作でした。
和紙と墨を使った作品にもチャレンジしていて、その習作が床にびっしり。

しかし、どれを見てもカッコいい!
スゴイ!
これほど理屈抜きでカッコいいと思える作品創る人、他にいるかね。
それっぽいな〜〜〜ってやつとか、いいと思うんだけどいらない!
ってのは、沢山いるけど。。。

黒田さんのは、素直にカッコいいと思える。
黒田さんの生き様が、無邪気な線、感情まかせの線、慎重な線ににじみ出ている。
改めて黒田さんってすごいんだと思ったのでしたぁ。

そして一行は、山口側にフェリーで向かったのです。
下関側に市場がありまして!唐戸市場か。
美味しいお魚を食べようということになったのです。
フェリーで5分だったっけ。
なんだか、旅行気分満喫しました。
しぶきを上げながら。。

知ってましたか? 途中に巌流島がありました。
関門海峡にちょこんと小さな島があります。そこが巌流島とのこと。。






関門海峡は、海外の巨大なタンカーが頻繁に行き来します。
そのタンカーの間をフェリーが往復します。
そして、お土産物を物色しつつ、他の雑居ビルを覗くのでした。。






実は、原田さん、門司港の街をプロデュースしているような人。
所謂、プロデューサーではないけれど、気に入った場所に気に入ったお店を
出店させるため、独自に探して話しをつけてしまう。

雑貨屋、西洋骨董屋、カフェととても雰囲気のいい店を紹介してもらうと
そこは、原田さんの協力ではじまったお店ばかり。
原田さんのお陰で、本当に門司港駅の雰囲気が良くなっていると思う。

その原田さんも、8月からドーナツ屋さんを始めるとのこと。
屋号は、「キテキドーナツ」だそうです。
あ、揚げるドーナツです!うまそうです。
これも楽しみです。。。。

もう、門司港駅にFLATのカフェ欲しいねって
話しになりまして、いつもの妄想だけど盛り上がりました。
いや、妄想で済ませたくないですね。。。

支店だそう!いつか。



flat 3人で行って来た九州の報告03


 昨日に続いて書きます!
中村達也×黒田征太郎 東日本震災支援チャリティLIVE!!
というライブイベントがありまして、その会場に向かいました。





いえ〜〜い。ポスターデザインは、flatにも遊びに来てくれたトミタさん。
会場は、小倉城のとなり、北九州芸術劇場
建物は、アオッサ的なつくりでした。(こっちは商業施設だけで運営できてますが)
その建物をエスカレーターで上がって行くと。。会場に到着。
開場までちょっと待って。しっかり前の席に座ることができました。

始まるまで、黒田組のカメラマン!Fuの木寺さんやVTRの濁り目さんと挨拶。
こういった場所で、知り合いがいて、久しぶり!って挨拶できるのはいいですね。
もちろん、御大(黒田さん)の相棒、トミタユキコさんにもご挨拶。
黒田さんからってイベントグッズをいただく。

それから、古着を販売してチャリティーの募金活動をしている中村知靖さんを
紹介していただきました。古着には、ひとつひとつに黒田さんがイラストを描いていて
会場で販売されていました。出水さんドクロのジャケットを購入。

始まる前から幸せになっていよいよ始まりました。。。。
振り返るといつの間にか、会場は満員。700席の会場に600名入ったそうです。
1月にflatでは、40人の会場で。。。いやぁ〜器が違うんだなぁ。参った。

いきなり始まりました。
それから、一時間半、ドラムの中村達也さんは、叩きっぱなし。
70過ぎている黒田さんは、動きっぱなし描きっぱなしで、
思った以上に熱く激しいライブでした。
黒田さんの描く絵は、どんどん変化して、ぐちゃぐちゃになって
落としどころはどこだろうって思っていると、作品の輪郭がはっきりしてくる
そして終わったときには、ほし〜〜いと思ってしまう作品に出来上がっている。

司会進行の北九州青年会議所の理事長さんは、義援金も大切だけど
二人の気持ちを持って帰ってほしいと言ってました。
しっかりいただきました。

そして、この後、ホテルを探してチェックイン。
イベントの打ち上げに参加させていただきました。。。。
そして、夜は更けていきますううう。。。



出水さん、黒田さんに報告しないといけないことがありましたんでね!


やっぱ、ブランキージェットシティのファンだったから
うまく話せませんでした。。。
どうですか、この借りて来た猫的な表情。


僕が、中村さんだ、中村さんだと言っている間に
二人は、協力な個性を持った谷さんと盛り上がっていたそうです。
谷さんは、中村さんの友達。

店を出て、次の店に行って。。。。酔いつぶれて行くのでした。。。あまり寝てないし。
そして、ホテルに。



ソープランドにはさまれた。昭和のホテルでした。リコホテルだっけか。
安かった。

そして次の日になります。。次の日は門司港のKuビルを見学です!!



flat 3人で行って来た九州の報告02

 前回は、坂口恭平さんと会ったことを書いた。
あまり具体的なこと書かなかった。
坂口さんがブログで書くには、ちょっとだけ過激なことばかり言うから
書けないのだ。って書くと何言ったんだろうって思うかな。

ツイッターで観る坂口さんより、やんちゃだった。
なんだか強がっている子どもみたいだった。(坂口さん失礼!ごめん!)

そんなわけで、坂口さんの拠点、ゼロセンターを後にして
熊本ラーメンをがっつりいただいて。。。僕たちは北九州を目指しました。

北九州に着くと、原田さんのガイドで北九州の町並みを展望できる高台に行ったり
福井にも来てくれたcafe causaの遠矢さんに会って、カウサを見学しました。
ここ写真は・・・私、撮らなかったなぁ。二人がアップしてくれるでしょう。

そして、北九州の小倉駅の横に広がる商店街にある昔のファッションビル
空き店舗だったビルをリノベーションして、クリエーターさん
いろんな店舗が集まった商業施設メルカート3を見学した。

リノベーションたって、思い切っている。
必要なところだけしか、いじってない。割り切りが潔い。
いや、施工前を知らないからなぁ。
思ってる以上にきれいになったのかも。。
リノベのディレクションは、元みかんぐみの嶋田洋平さんという方。




カウサの遠矢さんと原田さんに片っ端から紹介されて。。。
次々と店舗を巡りました。
詳しくは、HPを観てくださいね。
私が唯一写真を撮ったのは。。二階の水玉食堂
カラフルな昭和家電、雑貨でいっぱいのお店でした。




すべてのお店に言えるのは・・
みんな個性をむき出しにしてる感じ。
好きか嫌いかはっきり分かれる。
お店の人も、実験的な取り組みを楽しんでるみたいで。
中途半端な店が無い。
ここに地元の学生さんも来るんですよね。。
このパワーをもらいながら、生活するんですね。。



名刺みたら。。ご挨拶したイラストレータのemoさん。。

小倉経済新聞さん、部屋作っている途中でした。フラット紹介して〜〜。


というわけで、遠矢さんと原田さんも映ってました。
いろんなお店行ってたら、時間が押しまくって。。。

この後、急いで大本命のイベント
黒田征太郎さんと中村達也さんのライブに向かうのでした。。。。。



flat 3人で行って来た九州の報告

こちら、文字を打ち込むのが2回目でありんす。(ジン)
1回目のが、インターネット落ちてしまいましてと言い訳し。。
とても、報告が遅くなるのは、ツイッターのせいでしょうか。
いやいや、私のせいであります。 
それはさておき、ちょっと書いてみます。

6月2日(木)の夜。。
私と内田さん、出水さんで九州に出かけました。
なぜかというと、3日(金)にある黒田征太郎さんと中村達也さんのライブを観るため。
そして、打ち上げに参加して、また福井に来て欲しいって言うためだった。
そのためのツアー、5日(日)には、六呂師で心灯があるというのに!

九州に行くと決めたらいろいろ考えた。
熊本には、坂口恭平さんがいるのだ。坂口さんにも会おうということとなった。
最近、坂口さんがはじめたゼロセンターがとても気になっていた。
坂口さんは、建築家、芸術家、本も書く。
詳しくは、書かないけれど東京では、大震災で原発が大変だ!
放射線量がやばい。原発の状況が収束しないと不安だらけだった。
だから、坂口さんは、実家のある熊本に家族で戻って来た。
ただ戻るんでなくて、他にも逃げてきたい人、お母さん達がいるのではないかと
ツイッターで呼びかけたり、電話番号を公開してうちに来なよと呼びかける。
同じ気持ちの人が集まってくる。

ぜんぜん機能しない政府が嫌になり、自分が新政府になるぞっていう
いたずらのような。。コンセプトをひらめく。
新政府を創造するプロセスを「芸術作品」として活動がはじまり
その考えに共感した文化人、偉いさん、お金持ちを巻き込んで一層活発になる。
今、熊本で起こっている状況は、もしかしてとてつもなくすごいことなのか。。
それとも、いたずらで終わるのか。。この目で見てみたいと思ったのだ。

そんな計画を二人に伝えると、出水さんは、いきなり電話して
アポイントをとった。もういかなきゃって気持ちになった。

3日の朝8時、山口県の壇ノ浦PAでFOLGOREの原田さんと合流し。
4人で熊本のゼロセンターを目指した。ゼロセンターは、坂口さんの活動拠点だ。



反対の方が、かっこいっかなって思ってしまった。
ここが、ゼロセンターです。
熊本市の街中に、大きな鯉が泳ぐ小さな川があって
その川沿いにあったちょっと古い民家だった。



こちら、熊本新聞でコラム書いているって見せてもらったもの。
ほら、こんな感じ。



いやぁ〜。っつって。




いやぁ〜っつって。

この写真は、ゼロセンターの二階に上がって早々の坂口さんの爆裂トークをひとしきり聞いて
と思ったら、今から家族サービス!って言って映画に観にささ〜っと出かけて
行った後、残されていろんな思いに浸っている状況です。

この後、避難して来た皆さんとお昼ご飯をいただいた。
みんなでちゃぶ台を囲んで、ひとつのお皿のおかずをつっつきながらいただいた。
避難してこられた方々の気持ちもちょっと伺う。

ぼくら4人分でみんなの食べる分減ったのじゃないかと
ちょっと心配しつつで。。。
ま、皆さん、笑顔でこれからの生活のことを考えていた。
そして、ゼロセンターを出た。

坂口さんは、どうなんだろう。
世界を動かすアーティストになるのか、ほら吹きなのか
単純にすげ〜いい人なのか、本当の本当の気持ちはどうなのか・・・
やっぱりちょっとわからなかった。(これ藤田の感想)
やはり一緒に酒飲まないとわからないな。
今度は、一緒に福井で飲みたいな。

そんな、なんとも言えない気持ちのまま(僕は)
この後、熊本のラーメンを食べるのでした。。。。
目でみたその人の一挙手一投足がその人の全てだと思うからね。。
思ってしまうからね。。

というわけで次回に!


flat workshop 09? ありがとうございます。

 先日、日曜日。
床作りのワークショップを行いました!
今回おこしいただいたのは、flatの3名に加えて。。。
HUDGEファミリーのアンチク、おまりさんとリンリン
始めましてのカメラマン前田サン、それから書道家竹嶋くんでした。
お疲れさまです。ありがとうございます!!

ブログで「重い砂運びます!」と脅していたので
おまりさんファミリー午前中で帰る予定でしたね!
でも結局、午後も参加してくれました。ありがとう。
(お陰でみんな筋肉痛なのではないかと思います。。私も。。)

最初は、モルタル作りからはじまりました。
いやぁ、回を重ねるにつれ、分量の調整がアバウトになってきました。
いやいや、色や柔らかさで判断するのが正しいかな??



デジカメで撮りました。
雰囲気だけ見てください。。。。



そんなわけで、雑談しながら楽しく作業をしていました。
久しぶりの肉体労働は、以外と気持ちいいのです。
無心でやるのみ。



石が、もったいないので、モルタルの上からのせていくことにしました。
最初は、時間のこと考えないで丁寧にやっていました。
結局、乾いた後を見てみたら、丁寧にやったほうがよかったようですね。



リンリンも前田サンも、モルタルのばして、水平をとります。



丁寧にのせた玉砂利は、コンコンとたたいて
モルタルの中に埋めていきました。
モルタルが固まってくると、埋まっていかない!
実は、のんびりしてられないのでした。



作業が一段落して、自己紹介中です。
おまりさんの仕事を見せてもらう。



お昼には、みつわで買って来た弁当を食べました。
唐揚げ弁当に中華弁当、いろいろあってかなり安い!
本当は、呉服町商店街の大仏そばに行きたかったんです。
恒例ですから。でも休みだった。



デミケンが変なポーズをしたのでのせてみました。



やはり、全部はできませんでしたが
今回もとても勉強になりました。
どうやったらうまくいくのか、何が悪いのかが把握できたので
残りの床は、かなりキレイにできると思います!



そんなわけで、午後4時頃作業が終了しました。
昨日、今日と、職人のカンサイさんが、天井をはってくれていました。
どんどん進んでいきます!!!

3階ができるの待ち遠しいですね!
ワークショップ、やっぱり楽しかった!!
またやりたいと思っています。そのときは皆様もぜひご参加ください!
しかし、もうちょっと、暖かくなるといいですよね〜。


| 1/13PAGES | >>

フラットプロジェクトフラットキッチン

union member