フラット

Membership FLAT PEOPLEACCESSFacebook

土曜日の昼下がり

最近コウモリが部屋の中に何匹も入ってくる藤田茂治です。
もう、6月が終わってしまいますね。。うちの課のメルマガ作らないとヤバいなぁ。

今日は、2つのイベントにちょっとずつ行ってきたので、ご報告です。
一つは、平成21年度「福井学」学習発表会、主催は福井市と福井市教育委員会
なぜかというと、川崎和男氏の講演があるということで、一緒にいかないかと
県庁の方に誘われたのでした。
もう一つは、朝、福井テレビのタイムリー福井を見ていたら、「学生維新」なる
福井の学生さんが、駅前の活性化について提言するというイベントが福井西武で
あるとのことで行ってきました。

1時から「福井学」のほうへ
福井の地域資源を再発見、学習して、福井を好きになりましょうという事業で
全国で同様の事がされていると思います。
福井県で最初は、坂田守正さんらが行っていましたよね。
福井市の事業は、小学校、中学校の総合学習と合体していました。
発表内容みると。。。豊小学校の「八幡山の自然を学ぼう」とか
馬渡川を考える会の調査研究発表だったり
学生さんの発表はある程度テレビで見たしこっちの方がいいのかなって
思ってもみたのですが、結局途中で出てきて、学生さんの発表の方を見に行きました。

川崎氏の講演は。。。サービス満点で楽しいお話でした。
久しぶりに元気をもらった感じです。そうだな、flatもやるからには
多くの人たちに良い影響を与える活動にしていきたいな。
個人的には、クラインボトルの3Dモデルをみると昔のことを思い出してうれしいです。
講演で、一人称、二人称、三人称の考えについて触れられていました。
私たちの活動も、もちろん同じ意識です。
「私」がいいと思わないとダメ!「私」がいい、やりたいと思わないと話にならない。
それができるようになったら、目の前の「あなた」の気持ちを想像できて
「あなた」を喜ばせることができる人になれる。それもできたら。
きっとその場にいない誰かを喜ばせることができる人になれる。
自分のやりたいことさえできない、やらないのでは話にならない。
flatものびのび〜〜〜っといきたいもんだ。

それで、学生さんの方へ行きました。こちらは、福井大学、仁愛大学、県立大学
福井工業大学の各研究室の学生が合同チームを作ってワークショップを行ったようで
その発表でした。途中からでしたが。。会場に行ったら福井市長さんも
お客さんとして座っておられ。参加されたみなさんよかったですね。
発表は、というと学生ならではのユニークな発想でつかみはOKって感じでした。
思ったのは、なんでしょう。人のぬくもりっていうんでしょうか、体温というか
熱い想いが、心の中でなくて、もうちょっとプレゼンで見れたらなと思いました。
やってみて検証しました!ってところまでできる内容ばかりだったから
やってみると、発表内容に血が流れるのかなって思いました。
(例えば、一つの発表についてだけど、学校のプロジェクターもって帰って、
野外で映して飲み会すればいい。片町持っていって映してみればいい。
きっとむちゃくちゃキレイだと思う。県庁に「城」映すだけでなく、
それだけでアイデアはもっと、もっとある。パワーポイント作るのでなくて
やったほうがいい。)
若いモン、もっとやってまえばいいんやざ。って思う。
アンケートになにげにアドレス書いてきたけど、見てくれてるかな。

flatは、福井の若いモンとみんなでなんかやろうと立ち上げたプロジェクトです。
呉服町商店街にflatビルをかまえて、一緒に学んだり、交流したり、表現したり
創ったり、とにかく全国の元気な方々と繋がって成長していきましょうという
活動です。そういうのかっこいいよね!なんて。
広く仲間を募集してるわけでなくて、一緒にやりたい人だけでいいので。。。
23歳の学生の皆さんと似た歳なのに、ガンガンいってる
志田くんとこの熱い活動もよろしく!!


フラットプロジェクトフラットキッチン

union member