フラット

Membership FLAT PEOPLEACCESSFacebook

越前の伝統工芸



藤田です。
明日は、黒崎輝男さんを交えて福井の手仕事の職人さんと勉強会です。
福井の伝統工芸はとても歴史がある。
越前和紙は1500年 越前漆器も1500年以上
その起源は、もう伝説もの。
すごいなぁ〜って思いつつ。いやいや他の地域も同じ位
歴史があるのではと検索してみました。
すると、京漆器は1300年、奈良漆器もまだまだ!
やはり1500年ってのは、他に無いんだよな。すごいなぁ。。。

でもここで確認すると。。。和紙も漆も
その昔は、どの村でも扱っていた普通の生活技術だったんですよね。
地域のみんなで生産しだしたのが産地の始まりであって。
生糸を撚って織物を織ったり、竹でかごを作ったり。。。
それはどこでもやっていたこと。

HUDGE内田くんプロデュースで動いている
和紙や草木染め、手織りもののプロダクトは、越前○○とか
産地くくりで、というより、その村に根付いた生活文化
技術のような、あたたかみを感じます。

プロダクト畑の私からすると、もっと効率の良い商品化のプロセスを
前例に習って早く進もうとしちゃうんだけど、内田くんの作業を
ちょっと離れて見ていると、この時間の使い方は、贅沢だなぁ、
福井時間だなぁって思います。それで、忘れてた事に気付くんです。
早く発表できたらいいですね。。

明日の勉強会!!楽しくしましょう。






フラットプロジェクトフラットキッチン

union member