フラット

Membership FLAT PEOPLEACCESSFacebook

flat schoolig Vol.3 ありがとうございます。




日曜日の昼下がりに逃げてしまった。flat猫「にゃんこるべぇはち」が
帰ってきました。見つからないだろうと思いつつ探してましたが
水曜日の朝。ビルに戻ってきてました。
以前より、寂しがりになり、ビビリになって帰ってきた。
さて何があったのだろうか。。成長していくんですね。。

木曜日の夜は、graf服部滋樹さんをお招きしてのスクーリングを開催しました。
40名のお客さんにお越しいただき。。アットホームに?ユルく?
楽しく実施することができました。

当日の写真はこちら

服部さんは、午後5時に福井に到着。
flatビルを見てもらって、段取りしてからかるく“かっぱ”に出かけ打ち合わせ!
打ち合わせです!
6時半に、ビルに戻って準備万端!ということでスタートしました。

服部さんは、21世紀をコミュニケーションデザインの時代と捉えて
おられました。価値は人と人との間で成り立つ。

感性的価値が注目される。
モノの向こう側にある“作り手の想い”に価値をおく。
海外では、感性的価値にウエイトをおいたサービスが始まっている。

感性的価値を滋樹、じゃなくて刺激するのは、未完成の余裕。遊びの部分。
共感、共有、同じ人種だなと思うことだろうか。
同じコミュニティに所属する、同じ価値をもったモノであると理解することだろうか。

flatのような未完成のコミュニティには参画しやすい隙間がある。
コミュニティは、自分らが何者であるか、はっきりしていく
させていかないといけない。各地でできた個性あるコミュニティは、互いにつながり
地球全体を覆う。そんな時代が目の前にきている。

休憩の時間から、ドリンクのみのみ。
交流会も楽しく過ごすことができました。
FLAT KITCHEN部隊は、よくがんばった。
みんなお腹いっぱいになってましたよ。


楽しかったですね!
さて次は、04です。
ドローイングアンドマニュアルの菱川勢一さんのスクーリングです。
皆さん。ぜひとも。


フラットプロジェクトフラットキッチン

union member